2017年03月

2017年03月19日

ホロホロ泣けば、海の底

ホロホロ泣けば、海の底。
ホロホロ泣けば、闇の底。
緋色の夢を、かき抱けば。
縋り付く空のある筈なく。
虚空眺めりゃ、ただ茫洋。
ある筈の物もないままに。


ru_ci_fel at 19:55|PermalinkComments(0)†詩歌遊戯† 

2017年03月08日

漆黒の蛇の導くままに

このまま朝が来なければ良い。
そうして夜を永遠に彷徨いたい。
伸ばすべき腕はその先を失って、
祈るべき空もとうに失った。
縋るべき神は偽りの微笑み浮かべたままで、
崩れ行く身体を隠してる。
愚王を椅子から引き摺り下ろせ。
漆黒の蛇の導くままに。
そして貴方は冠戴く。
罪で彩る冠を


ru_ci_fel at 22:01|PermalinkComments(0)†詩歌遊戯† 

綺麗なものに憧れて

綺麗なものに、憧れて
美しいものに、憧れて
欲しくて欲しくて、手を伸ばす
だけどそれは、湖面の月だから
伸ばせば伸ばすほど、遠ざかる
それでも欲しくて、足掻いては
砕け散った月の欠片を掬い取る
両手の中に浮かんだ、小さな月
永久には留めれぬと知ってても
涙が溢れるのを止められない


ru_ci_fel at 22:00|PermalinkComments(0)†詩歌遊戯† 

2017年03月02日

君は何人、殺したの?

君は何人、殺したの?
小鳥はそっと、問いました
さあね。だけどこの弓で、この矢で、殺したわ

君は何故、殺したの?
小鳥はそっと、問いました
さあね。だけどこの小瓶で、この毒で、殺したわ

君は何処で、殺したの?
小鳥はそっと、問いました
だけど子猫は無言で、小鳥を食い殺しました


ru_ci_fel at 00:20|PermalinkComments(0)†詩歌遊戯†